【ドバイ旅で是非やってほしい】テキタイル・スークでの値切り対決

旅行プラン(海外)

こんにちは、おかなもちです( ◜◡‾)(‾◡◝ )”

今日はドバイ旅ではぜひ体験して欲しい、テキタイル・スークでの値切り対決について触れていきたいと思います。

テキタイル・スークとは?

テキタイル・スークとは、ドバイのバール・ドバイ地区にあるスークです。

オールド・スークバール・ドバイ・スークと呼ばれることもあります(^-^)

世界各国から輸入した生地や日用雑貨に靴、お土産などが売られていて、アラブ感を感じられる観光地です。

入場料などは一切かからず、下町の市場のような場所です。

こちらではドバイの現地のお土産を買うにはうってつけですよ。

特にストールやサンダル、ポーチなど可愛い雑貨が沢山あるため、ぜひ訪れてお気に入りの1点を探してみましょうね♪

テキタイル・スークへの向かい方

テキタイル・スークはドバイ博物館のすぐ近くにあります。

下の地図の②のエリアあたりに市場が広がっています^^

スパイスや金の市場は少しまたここから距離のある①のエリアにありますので、

合わせて足を運べると良いかもですね。

f:id:okanamochi:20220224190521p:plain

ドバイ国際空港からも30分ほどで向かうことができますよ^^

GoogleMapで検索する際、「テキタイル・スーク」に行きたい場合は「ドバイ博物館」で検索、「オールドスークやスパイススーク」に行きたい場合は「オールドスーク」で検索すると、日本語での地図上の検索が可能ですので、現在地から検索して移動するようにしましょう!

テキタイル・スークで買って欲しいお土産

f:id:okanamochi:20220224193833j:plainテキスタイル系のファッション小物やクッション、アラビアン雑貨が手に入るテキタイル・スーク。

カラフルなクッションカバーや、色とりどりのパシュミナストールはとてもかわいらしいものです!

他にも、ハンドメイドで作られた可愛いビーズ刺繍のサンダルにパンプスタイプの靴や、かかとなしのバブーシュがたっくさんあります!

ぜひアラビアングッズはここで購入していきたいですね^^

ぜひ体験して欲しい「値切り対決」

そして何と言っても、是非体験して欲しいのが、この値切り対決!

言葉も分からないのにどうやって値切るの?

そんな疑問もあるかと思いますので、価格交渉の方法について解説していきたいと思います。

おかなもちさんも、こちらのテキタイル・スークには訪れたことがありますが、

どうやって値切り体験をするのかな?

そんな疑問を持ちながら、現地に向かっていました。

もちろんアラブ語は喋れませんし、英語すら話すことができないおかなもちさんですが、結果値切り対決での現地の方とのコミュニケーションをしっかりと楽しんで、とても思い出深いひとときを過ごすことができました^_^

まず、値切り交渉をする上で以下のことは認識しておきたいところす。

注意・スークの商品には値札がない!

スークの商品には値札が付いていません。

値切り交渉が当たり前な反面、元値はとんでもなく高く設定しています。

ひどいときは10倍にはね上げている時も・・・

強気で値切り交渉をして、10分の1の価格で購入するつもりで挑みましょう^^

そんな値切り交渉の方法ですが、おかなもちさんの体験談はこちら。

値切り交渉の実例

「How Match?(いくら?)」と聞くと、店員さんは

「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、ヤスイ!オンリー、タカイ!」

とひとつ買うと高くなるが、たくさん買うと安いよ!と申し出てきます。

いやいや、まずはこれ一つだといくらなの?と「How Match?」を繰り返すと、

店員さんも、「オネーチャン、オバーチャン、オカーサン、ヤスイ!」と下がりません。笑

何度かこの会話を繰り返し、最終的には、おかなもちさんから

「3つ買うといくら?」と聞き、「AED400!」のようなイメージで電卓を見せてくるため、

「3つ買うからAED40にして!」とこちら側からも要望します。

要望の仕方は簡単。商品を指さしながら、携帯の電卓で数字を見せるだけ。

「NO」と言われてもこちら側も「NO!AED40!」と言い張り続けます。笑

するといつしか折れてくれて、「AED100なら・・・」のように安くしてくれます。

こんな価格交渉をしながら、相手側も熱量もって交渉を楽しんでくれるので、こちら側もとても面白くなってきますよ。

英語やアラブ語が話せなくても、ジェスチャーと「How match?」さえ言えれば問題なし!

ぜひドバイに行く際はぜひスークに立ち寄り、価格交渉を楽しんでみましょう^^

そして、アラブ感満載な可愛いグッズを手に入れてみましょうね♪

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました