舞台burst!の抽選倍率がやばい!当落はいつで当たりやすい日程は?

三谷幸喜さんが脚本・演出を務める、草なぎ剛と香取慎吾さんの二人芝居公演『burst!〜危険なふたり〜』が2022年秋に上演となることが決定しました!

スポンサーリンク

7年ぶりに戻ってくるということで大変話題になっています!

前回のチケット販売時もかなり争奪戦となったことから、今回も申し込みが集中する可能性が高いです。

今回は『burst!〜危険なふたり〜』のチケット倍率や当落はいつか、当たりやすい日程についてもお送りします。

【この記事でわかること】
✔舞台『burst!』のチケット倍率
✔舞台『burst!』の当落はいつか
✔舞台『burst!』の当たりやすい日程
また、チケット販売がいつ・何時からかなどの情報は以下にまとめています。

舞台『burst!』2022のチケット倍率

舞台『burst!』2022のチケット倍率は当サイトでは4.6倍〜25.1倍にまでのぼると予想します。

根拠となる計算式は以下のとおりです。

当選倍率=チケットの申込み数÷会場の収容人数

以下に座席数や応募人数の数値について詳細を述べていきたいと思います!

各会場の座席数

舞台『burst!』2022の公演会場と座席数を以下にまとめてみました。

会場名 座席数 公演日程
日本青年館ホール 1,249席 10月1日〜26日
公演回数は全30公演です。
1,249人×30回公演=3万7,470人
3万7,470人の動員があるということになりますね。




チケット申込総数を予想

ブロードウェイの画像

次に、大体の応募総数を算出してみました。

※こちらはあくまでも予想数となりますのでご注意ください。

今回は香取慎吾さんと草なぎ剛さんと三谷幸喜さんのTwitterのフォロワー数を元に予想を立ててみました。

●香取慎吾さん・・・86.5万
●草なぎ剛さん・・・81.3万
●三谷幸喜さん・・・7.6万

このようなフォロワー数でした。

香取慎吾さんと草なぎ剛さんが国民的大スター過ぎて、フォロワーの全員がチケットの申込みを行ったとするととんでもない抽選倍率になってしまいますね。

予想①【各フォロワーの1割がチケット申込みをした場合】
申込み人数が17.5万と仮定17.5万÷3万7,470人=4.6倍
予想②【各フォロワーの大半がチケット申込みをする場合】
申込み人数が94.1万人と仮定94.1万÷3万7,470人=25.1倍

もちろんTwitterのフォロワー以外にも申し込みを行う可能性はありますし、複数公演の申し込みも考えられます。

少なくとも前半に述べた4.6倍くらいの抽選倍率は見込めそうですね。

また、もちろん土日に集中するはずですので、土日公演の倍率はとんでもないことになりそうですね。。。




舞台『burst!』2015年公演時の倍率はどうだった?

香取慎吾さん×草なぎ剛さん×三谷幸喜さんの舞台『burst!』は2015年に一度公演されています。

当時のチケット発売時の倍率はどうだったのか調査したところ、「即完売」となったようです。

ということで、かなりの争奪戦であったことがわかりますね。

2022年は会場の収容人数も増えていますが、待望の公演ということで応募が集中しそうですね。

舞台『burst!』の当落はいつ?

舞台『burst!』の当たりやすい日程は?

イベント
okanamochiをフォローする
おかなもちのゆめの旅
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました