羽生結弦の引退をリークしたのは誰?記事の信憑性は?フライングに批判殺到

スポーツ

羽生結弦さんが現役を引退し、プロに転向する意向を固めたことが報道されました。

スポンサーリンク

今回のニュースに関し、羽生結弦さん会見が2022年7月19日の午後5時より開催されます。

本人が会見する前になんで記事になってるの?

本人の口から伝えたかったことを先に言うのは失礼すぎる

そのような批判が相次いでいます。

 

そこで今回は羽生結弦さんの会見内容をリークしたのは一体誰なのか、また記事の内容の信憑性についての情報をまとめていきたいと思います。

【この記事でわかること】
✔羽生結弦の引退の会見内容をリークしたのは誰?
✔羽生結弦のプロ転向の記事の信憑性は?
✔羽生結弦のフライング記事記事に批判殺到

羽生結弦の引退の会見内容をリークしたのは誰?

羽生結弦さんの報道された会見内容は以下です。

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)が、現役引退してプロ転向する意向を固めたことが18日、分かった。
19日午後5時、都内ホテルで開く記者会見で表明する。関係者によると、今後は競技会に出場しない。追い続けたクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)が世界初認定された2月の北京五輪後、去就を明言してこなかったが、自らの口で報告する。自身が座長のアイスショー創設という新たな夢もあるという。引用元:日刊スポーツ

この記事の内容の「関係者」とは一体誰なのか?とネット上では批判が殺到しています。

調査したところ、羽生結弦さんの引退の会見内容についてリークした”関係者”が誰なのかわかりませんでした。

しかし、このような内部情勢を知っている関係者とは、羽生結弦さんにかなり親しい人物のハズ。

ネット上では、日本スケート連盟なのでは?との声も上がっていました。

羽生結弦さんの強い気持ちを直接会見の場で伝えるための場が、先に勝手に記事にされてしまった今回の記事。

引退の有無についてもご本人の口から7月19日午後5時より語られることと思いますが、記事の信憑性はどうなのでしょうか。



羽生結弦のプロ転向の記事の信憑性は?

羽生結弦さんのプロ転向の記事には以下の内容も含まれていました。

・アマチュアを引退して今後の競技会に出ない
・日本スケート連盟の「特別強化選手」を辞退
・自国開催の世界選手権(さいたま)への出場意向もない
・プロのアイススケーターへ転身
・前週の会見予定だったが、安倍晋三の銃撃事件で延期
・自身が座長のアイスショーを創設する次の夢もある

まとめるとこのような内容がフライングの記事となっていました。

直近の大会への出場意向や、今後の進む道の要となり得るキーワードを散りばめており、かなり詳しい情報となっています。

そのため信憑性は高いのでは、と考えられますご本人の口から発表されるまで正式な情報はわかりません。

また、記事の最後の文面には以下のような内容が記載されています。

一般的には「アマ引退→プロ転向」となるが、羽生だけの新たな道が会見で示される可能性もある。関係者によれば、自身が座長のアイスショーを創設する次の夢もある模様だ。羽生クラスなら世界ツアーも可能だろう指導への興味は。「最終目標」の4回転半への挑戦の形は。珠玉の名言を残してきた男から、どのような決意が発されるのか期待しかない。

引用元:日刊スポーツ

いくつかの疑問点を残していることから、このあたりが本日の会見で明らかになるのではないでしょうか。

羽生結弦のフライング記事記事に批判殺到

今回の羽生結弦さんの会見内容のフライング記事に、かなりの批判が殺到しています。

記事にした日刊スポーツの神経を疑う

本人の口から聞きたかった

そのような声が相次いでいます。

予め会見の場を設け、決意表明することを発表されていた羽生結弦さん。

事前に記事が出てしまったことへの心情は計り知れません。

いずれにせよ、ご本人の口から語られることを待ちたいと思います。


error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました