献花台はその後どうなる?花や食べ物はゴミになる?誰が片付けるかも

献花 時事

安倍晋三元総理の国葬が9月27日に執り行われました。

スポンサーリンク

一般人の献花台にはかなりの行列ができ、交通規制も入り大混雑の状況です。

そんな献花台ですが、お供物の花屋食べ物は一体どうなるのでしょうか?

献花に訪れる人も多いため、お供物もすごい数ですよね。

今回は献花台がその後どうなるのかについて情報をまとめていきたいと思います。

【この記事でわかること】
✔献花台はその後どうなる?
✔献花台の花や食べ物(お供物)はゴミになる?
✔献花台は誰が片付ける?
✔献花台はいつまで設置される?

献花台はその後どうなる?

献花台はその後どうなるのでしょうか?
たくさんのお供物や献花台の設置〜撤去は誰が行っているのかについても解説していきます。

献花台は誰が片付ける?

献花台の片付けは以下のいずれかによって行われます。

・市町村の自治体
・警察関連の職員
・自治体から依頼された業者
ボランティア以外はすべて税金が支払われて片付け・撤去が行われます。

 

献花台の花や食べ物(お供物)はゴミになる?

献花台のお供物は基本的にはすべて廃棄
となるようです。
しかし、食べ物や果物などのお供物はホームレスなどが盗ってしまうこともありますが、これは窃盗罪に当たります。
また、生物や果物はカラスに狙われる危険もあるため管理が大変とされています。
一部では、花や供え物には処分費用や人件費が掛かるということで、ゴミを置いてるようなものという声もあります。
しかし、費用よりも献花に訪れる人の気持ちを尊重し献花台が置かれるようですね。



献花台はいつまで設置される?

献花台は早いと事件の翌日から設置されます。
期間は2週間〜1ヶ月で撤去となります。
しかし、食べ物や生物など腐りやすいものは早めに撤去されるようです。
設置する場所によっては人通りの妨げになったりなどもあるため、その時々によって臨機応変に自治体が対応されています。

安倍晋三元首相の献花台は何時から何時まで?

安倍元首相の献花台は当初

27日午前10時から午後4時まで2台設置
とされていましたが、27日の午後13時時点で1万人強の一般人が献花に並んだことから
当初の終了予定時刻の午後4時以降も受け付けが続けられることに変更
となりました。
午後5時以降は列に並ぶことはできないとのことです。
内閣府のツイッターの公式アカウントによりますと、午後2時現在、少なく見積もっても献花まで3時間以上かかる見込みで、午後5時以降は列に並ぶことはできないということです。
引用元:NHK

 

安倍晋三の国葬は一般人も参列できる?参加方法や献花台・記帳の場所は?

安倍晋三元総理の国葬費用はいくら?どのくらいの税金が使われるか調査

国葬は休日・祝日になる?学校や会社も休みになる?歴代総理の事例から調査

安倍晋三の国葬と国葬儀の違いは?国民はいつ何をする?準備することは?

エリザベス女王の国葬費用はいくら?歴代の金額や海外の反応も

最後まで御覧いただきありがとうございました。

時事
okanamochiをフォローする
おかなもちのゆめの旅
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました