【モーリシャス旅】個人旅行でも行ける?プランや移動手段は?

旅行プラン(海外)

こんにちは、旅好きおばけのおかなもちです。

今回は旅の妄想計画ではなく、実際に足を運んだ国のお話し。

アフリカ領土のリゾート地、”モーリシャス”についてご紹介したいと思います。

 

モーリシャスはインド洋の貴婦人と呼ばれており、非常に美しい海が特徴で、『海の中の滝』が有名な国ですね♪(↓こちら)

f:id:okanamochi:20211215114743j:plain
海の中の滝

主にヨーロッパからの観光客が多いリゾート地です。実際に4日間ほど滞在しましたが、その期間で会った日本人は1組いたかどうか。。。

まさに海外旅行にきたー!という感じが味わえますね。

日本にはまだあまり馴染みがない国のせいか、ネットや媒体からの情報量がかなり少なく、それはそれはもう計画を立てるのに苦労しましたよ・・・(;^ω^)

本も数冊買いましたが、モーリシャス観光に関する情報はほぼ無く。

膨大な時間をかけて調べましたww

 

そんなモーリシャスの見どころやモデルプランについてご紹介したいと思います^^

モーリシャスの魅力

モーリシャスの魅力は、おかなもちさん的には大きく分けて3つあります。

まず1つ目は何といっても「日本付近では見ることのできない特徴的な色の海」ですね☆彡

絵の具を混ぜたような、エメラルドミルキーブルーといった色でしょうか。

モーリシャスの景色と合わせて撮ると本当に絵の中に入り込んだかのような1枚になります。(こちら↓)

f:id:okanamochi:20211215114703j:plain
モーリシャス グラン・ベから見る海岸

夕日が沈む直前は、日が反射して白い海のような幻想的な光景を見ることができます。

海が好きな方には特におすすめの国ですね(^^)/

 

2つ目は、のんびりとくつろぐリゾート感と程よい観光スポットとのバランスが良いことですね。

普段の旅行では見ることのできないダイナミックな景色もありながら、ひたすらに時間がゆっくり流れている・・・

また、フルーツや服を道路に煩雑に並べて売る発展途上国のような一面もありながら(私が見たところは車に服をかけて売ってましたw)、世界遺産の島をゴルフ場に仕立てた高級リゾート地もあったり、オシャレなお買い物スポットもあったり。本当に様々な顔を見せてくれます^^

ゆったりと時間を過ごしたいけど、観光地もそこそこ楽しみたい!そんな方には本当におすすめの場所です。

 

3つ目は、とにかく時間がゆっくりと流れていることです。

今まで様々な国を旅してきましたが、中でもモーリシャスは特に時間の流れがゆっくりとしていました。

現地の人、観光客も含め出会う人々みんなのんびり、ゆっくりと時間を過ごしている印象です。

小さなことは気にしない、みんなのんびり過ごそう。そんな空気感が本当に癒されるのです。

何もかも忘れて時を過ごしたい、そんな方にモーリシャスはおすすめの国ですね(^^)/

 

モーリシャスの見どころ・観光地

モーリシャスの観光地は沢山あります!

実際におかなもちさんが訪れた観光地はこちら。

①ヘリコプターで上空から見るモーリシャス”海の中の滝”

②世界遺産イルオセルフ島にあるゴルフ場ILE AUX CERFS GOLFCLUB(イルオセルフゴルフクラブ)

③首都ポートルイスの街

④おしゃれな港町グラン・ベ

⑤ボアシェリ紅茶ファクトリー

足を運びはしなかったが、帰ってきてからここも行ってもよかったなと思った観光地がこちら。

①ライオンと歩くツアー参加

②ル・モーン山麓のゴルフ場ParadisGolfClubBeachcomber(パラディスビーチコンバーゴルフリゾートアンドスパ)

モーリシャス旅行のおすすめシーン

モーリシャス旅行は、ぜひこんな方に行ってほしい!それはこちらです。

①ゴルフ好きで海外の絶景コースに挑戦したい方

②のんびりと時間を過ごしたいが少し観光も楽しみたい方

③長期休みを”ザ・海外”で楽しみたい、日本の日常を忘れたい方

④せっかくの機会だからとにかく遠くの海外に行きたい方

モーリシャスは小さいながらも様々な顔を持った国のため、いいとこどりを楽しみたい!そんな方にお勧めの場所です^^

モーリシャスまでの移動時間・旅費事情

モーリシャスまでの移動時間はおおよそ丸一日かかります。笑

というのも、直行便もないためシンガポール経由もしくはドバイ経由で行くことが通常となります。

少し前まではそれすらの経由もなかったようで、かなり大回りをしてマダガスカルから行かなくては駄目でした。

おかなもちさんはドバイ経由で乗り換え時間込みで22時間かかりました。

ドバイで3時間ほど乗り継ぎ時間があったため少し中休憩はできましたが、それでもやはり遠いですね(;^ω^)

帰り道も同様に経由して帰るため、おかなもちさんはモーリシャス4日、ドバイ2日に分けて観光しましたよ♪

またドバイ観光についても別途記事でご紹介していきますね(^^)/

旅費はモーリシャスにてオールインクルーシブの5つ星ホテルに3泊(モーリシャスは最大7つ星)、ドバイにて4つ星の通常ホテルに1泊して航空券込みで25万円です。

安いですね~(;^ω^)

そうそう、モーリシャスは個人旅行で行くと意外と安いんですよね。

旅行会社での見積もりも取ったりしましたが、結局これが超絶最安値でした^^

モーリシャスのおすすめホテル

おかなもちさんが泊まったホテルは、アウトリガーモーリシャスです。

あのアウトリガーの系列ホテルですね^^

オールインクルージブなので、滞在中のご飯やドリンクはすべて無料。

加えてビーチアクティビティもすべて無料です。(SUP,カヤック、シュノーケリング等)

ホテル内には3つのレストランがあります。シーフードレストラン、様々な国の料理を集めたオールマイティなレストラン、軽食&ビーチバー、そのほかにもワインルームやクラブラウンジなどがあります。

もちろんスパやヨガもありますが、こちらは有料です^^(予約プランによっては無料特典がついている場合もあり)

ただ、こちらのホテル、観光にはややアクセスが悪め。(運転が苦でなければ問題ないです)

少し金額は上がりますが、

・ルモーン山付近のホテル『パラディス・ビーチコンバー・ゴルフアンドリゾート』5つ星

・イルオセルフ島すぐ近くの『シャングリラトゥエスロックモーリシャス』7つ星

・イルオセルフ島近くの『アナヒタザモーリシャス』5つ星

・イルオセルフ島近くの『フォーシーズンズリゾートモーリシャスアナヒタ』7つ星

上記のほうが間違いなくアクセスが良いです。

それぞれ無料となるゴルフ場がついていますが、

間違いなく圧巻の景色かつ、観光地気分にもなるのはイルオセルフゴルフクラブかパラディスゴルフリゾートですので、

◎ルモーン山付近のホテル『パラディス・ビーチコンバー・ゴルフアンドリゾート』5つ星

◎イルオセルフ島すぐ近くの『シャングリ・ラ・トゥエスロック・モーリシャス』7つ星

こちらのどちらかに宿泊するのがベストですね♪

むしろどちらのゴルフ場にも行きたい!という場合は2つの施設に泊まるのも良いかもしれません^^

もう少し安価なホテルが良い!という方は、GoogleMapで上記ホテルを検索すると、近隣にもいくつかホテルが点在しているのでそちらをクリックして調べてみましょう^^

モーリシャスの交通事情

モーリシャスにはおそらく電車は存在しません。笑

ほぼ車移動です。もしくはバスですが、時間は正確ではなさそう…|д゚)

しかし、国自体の大きさも日本の大阪府程度しかないため、比較的移動距離は少なくて済みます^^

一番楽な観光方法はレンタカーを借りてGoogleMapを頼りにすべて自分で移動して観光することだと思います。道も首都のポートルイス以外はほぼ田舎道のためそれほど難しくありません。

レンタカーは4泊5日でも2万円くらいで大変お得なので、ぜひ検討してみてくださいね。

ただ、国際免許を取りたくない!不安だ!という方は、タクシーもしくは現地の日本人ガイドを雇うなどの方法があるかなと思います。

ちなみにおかなもちさんは、せっかくの新婚旅行なのに情報が少なすぎて不安な点もあったため後者の通り現地で日本人ガイドを雇いました。

結論から言いますと、そのおかげもあってか最高の旅になりました

locotabi.jp

↑から現地在住の日本人ガイドさんとやりとりができますので、ご不安な方はこちらからお申込みするのが安心かと^^

ガイドさんによって金額や契約も異なりますので、確認して申し込みするようにしましょう(*^^*)

モーリシャスの航空券、ホテルの取り方

かなり調べつくしましたが、結局おかなもちさんは”エクスペディア”で航空券&ホテルを予約しました。もちろんモーリシャス泊、ドバイ泊両方です。

いろいろなツアーも見ましたが結果これが一番最安値でしたね^^

モーリシャスの言語・VISAについて

モーリシャスはアフリカ領土、観光客もヨーロッパから来る人が多いです。

地元の人は英語、フランス語、クレオール語(現地語)の3か国語を話すそうです。

そして3か月以内の観光目的であればVISAは不要

観光的には英語が話せないと少しキツめかもしれないですね。

英語が話せなくても、今時LINE翻訳などもあるのでどうしても伝えたい内容はそちらをうまく活用してコミュニケーションをとりましょう(*´ω`)

モーリシャスモデルコースご紹介

それでは最後に、実際におかなもちさんが足を運んだモーリシャス、

ここ行ってよかった!ここ行けばよかった!

そんな情報すべてを詰め込み、おかなもちさんが2回目モーリシャスに行くとしたらどんな旅のプランを立てるか。

そんなモデルコースをご紹介したいと思います^^

≪day1≫

日本~ドバイ~モーリシャスへの移動、夕方着

1泊目はシャングリラトゥエスロックホテルに宿泊

※空港~ホテル間は送迎サービスがありますので、そちらを利用、もしくはレンタカーを借りましょう。

≪day2≫

【朝食後】イルオセルフ島行きの船着き場へ向かう、ボートでイルオセルフ島に移動

【9時くらい】船着き場からゴルフ場行き、ビーチ行きのシャトルバスがあるためそちらに乗車

※シャングリラホテルはセルフ島に最も近く、宿泊客専用のボートもあります。滞在中は何度も無料なのでおすすめですね。

【10時くらい】世界遺産の島セルフ島でのゴルフプレー(景色は最高、コースは激ムズです♪楽しんで^^)

【14時くらい】プレーを終えたらシャトルバスでセルフ島のビーチへ向かう

セルフ島のビーチにはバーや軽食レストランなど充実しており、BBQを楽しむ人の姿なども見受けられます。こちらでお昼ご飯も楽しみましょう^^

海の色はエメラルドミルキーブルー!

そして、かなり奥まで行ってもずーっと浅瀬が続いているのが特徴的。

写真撮影必須ですね♪

【17時くらい】シャトルバスで船着き場へ戻り、シャングリラホテルに帰還。

オールインクルーシブプランや朝食付きプランと滞在プランによって異なりますが、ホテル付近に飲食店はないため、ホテルでの滞在中の夜ご飯などもホテルで楽しむのがおすすめ。

≪day3≫

【朝食後】おしゃれな港町グラン・ベに向かう

【11時ごろ】グラン・ベでお買い物♪ビーチ付近でランチも楽しみましょう。

この付近にはかわいらしい雑貨屋さん、セレクトショップなどが点在しており、レストランも充実しています。

おかなもちさん的必見スポットはこちら(^^)/

《写真撮影スポット》

SunsetBoulevard:ボート船着き場。海の色味も特徴的なため、まさに絵の中に入ったような景色が広がります。ぜひ1枚ぱしゃりと撮影してみては。

《お買い物スポット》

RoyalRordエリア:グラン・ベの中でも特にかわいらしいお店が点在しています。

Super U GrandBay:大きなスーパーです。可愛いお買い物だけでなく、現地のお菓子や飲み物などを購入するにはうってつけです!

《レストラン》

SauterelleRestaurant、SunsetCafeandTrattoria、CafeDeGrandBaiePlageなどがロケーション含め素敵です。

【14時ごろ】首都ポートルイスへ向かう

ポートルイスにもお買い物どころがいっぱい。市場的なところからショッピングモール、お土産屋さんなどお店が充実しています。雰囲気は少しガチャついていますが、それもまたモーリシャスの違った一面を見られて楽しいですよ♪

《お買い物スポット》

TheCaudenArtsCenter:カラフルな傘が空中に沢山飾られてあり、おしゃれなスポットでもあります。ショッピングモールで様々なお店が入っています。

GearClothing:道路にずらーーっと服や果物や靴やが並べられて売られています。これがまたとても新鮮な光景・・・。ぜひ見ていただきたいです^^

【17時ごろ】シャングリラホテルへ帰還

≪day4≫

【朝食後】海の中の滝を見る!ヘリポートへ向かう

【11時くらい】ヘリポートツアーに参加

海の中の滝のヘリポートツアーは事前予約が必須です。

モーリシャス航空公式サイトからメールのやり取りで予約は可能ですが、レスポンスが遅かったり見逃されていることもあるので少し不便ですね。

ホテルスタッフから予約をしてもらうか、もしくは先ほど紹介した通り在住日本人に予約代行をしてもらうほうがスムーズかと思います。

料金は乗車する人数によっても変わってきますが、1人あたり50000円程度と思っておけば間違いないです。

【13時くらい】ボア・シェリーで紅茶ファクトリー&ランチタイムを堪能

こちらはご当地の様々な紅茶が楽しめるレストランさんです。モーリシャスの豊かな自然を見ながらいただく紅茶とお食事は最高ですよね。

【15時くらい】7色の大地観光

こちらは色とりどりの美しい砂丘です。

光の反射加減によって様々な色に見えることからこの名がついたそうな。ヘリポートでのツアー最中も見ることができますが、せっかくなので間近で見たいですよね♪

【17時くらい】パラディス・ビーチコンバー・ゴルフアンドリゾートにチェックイン

ホテル時間を満喫しましょう♪

≪day5≫

【朝食後】パラディスゴルフクラブでプレー

パラディスビーチコンバー宿泊客は無料で楽しめます。ホテルフロントスタッフに前日に予約をお願いしておきましょう^^

こちらのゴルフ場は世界遺産ルモーン山を眺めながら、海のすぐそばでプレーできるゴルフ場です。世界の絶景ゴルフ場ランキングにも上位でランクインしてくるとっておきのゴルフ場なので、ぜひ足を運んでみては。

【14時くらい】ホテル内で昼食後ビーチを満喫♪マリンスポーツを楽しみながらホテルのビーチバーでうっとり。

のんびりした時間を満喫し、モーリシャス最終日の時間を満喫しましょう(*^-^*)

《day6》

日本へ帰りましょう^^

最後に

帰り道はドバイ経由もしくはシンガポール経由となるため、もう1か国寄り道&観光はとてもおすすめです。ドバイなどの観光もまた別記事で公開していきますね~!

魅力満点のモーリシャス。まだ日本には観光地として馴染みがありませんが、ザ・海外旅行を楽しめるとてもおすすめの国です。

ゴルフ好きの方、新婚旅行先をお探しの方、ぜひモーリシャスに足を運んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました