安倍晋三を警護したSPは何人?なぜ至近距離で撃たれた?無能すぎると話題

時事

日本の元首相である安倍晋三元総理が撃たれるという衝撃のニュースが報じられました。

スポンサーリンク

事件現場で犯人は背後から安倍晋三さんを撃ったとのことです。

当時現場ではSPが警護についており、複数人で安倍晋三元総理を警護しています。

警護したSP会社はどこなのか、そして警備は何人で行っていたのか、そしてなぜ警備しているにも関わらず犯人が安倍元総理に近づくことができたのかについて調査したいと思います。

安倍晋三元総理を警護したSPは何人?

今回の事件は、2022年7月8に日の午前11時に起こりました。

当時は奈良県警とSPで安倍晋三総理を警護していました。

今回、奈良県を訪れた安倍元総理には警視庁警護課のSPが東京から随行し、演説の現場でも奈良県警の警備担当者とともに不審者の警戒などにあたっていました。
引用元:TBSnews

SPは警視庁警護課が1人随行していました。

また、奈良県警の複数名も警備にあたっています。

こちらの犯人をとらえた際はSPと奈良県警の警備担当者の計3名でとらえています。

SP

 

1人はいくら何でもすくなすぎでは?

一般的にSPは現職の総理大臣には複数名が就くものの、退任した総理大臣にはSPが就かないこともあるようです。

また、一般の国会議員にSPが就くことも内容でした。

原則として、一般の国会議員に対しSPが警護にあたることはなく(前述の例外を除く)、それぞれの国会議員は警備会社のボディーガードを個別に依頼している。ただし、その発言や政策などで、暴力団や右翼団体、過激派などから命を狙われる危険のある国会議員には、要請出動がなされる場合もある。また、国会議事堂内では衛視が身辺警護を務めている。

安倍晋三元総理はなぜ至近距離で撃たれた?

なぜ警護がついていながら、至近距離で安倍元首相は撃たれてしまったのでしょうか?

当時の現場の状況を確認すると、警護に当たっているほとんどが後ろの様子を確認している人がいませんでした。

そのため、安倍元総理は真後ろから攻撃されています。

また、演説の場合は写真撮影などで市民が近くに寄ることもあってSPにも油断があった可能性があるようです。

選挙演説において、安倍元首相のような著名人の場合には、聴衆が近づいて写真撮影しようとするのはよくある光景です。SPやスタッフもそう思って油断していた可能性があります
引用:NEWSポストセブン




SPと奈良県警が無能すぎると話題に

今回の騒動で、ネット上ではSPのガードが甘すぎると話題になっています。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました