フォークリフトブランコ事故の設備会社はどこ?父親の名前や顔画像も!

フォークリフト 時事

フォークリフトをブランコにして遊んだ結果、のせていたパレットが頭の上に落ち少女が死亡するという悲しい事故が起こりました。

スポンサーリンク

フォークリフト事故が起きたのは群馬県前橋市です。

フォークリフトを扱っていたのは父親とのことですが、一体どこの会社なのでしょうか。

今回はフォークリフトブランコ事故が起きた会社について情報をお送りしたいと思います。

【この記事でわかること】
✔フォークリフトブランコの事故とは?
✔フォークリフトブランコ事故の会社はどこ?
✔フォークリフトブランコ事故の父親は誰?(名前・顔画像)

フォークリフトブランコの事故とは?

フォークリフト

フォークリフトブランコの事故とは一体どのような状況だったのでしょうか。

事故の内容をまとめると以下です。

・小学校3年生の女の子と父親の不慮の事故
・フォークリフトを使ってブランコのようにして遊ぶ
・フォークリフトに差し込んでいたパレットが落ちる
・少女の頭に直撃し、死亡
・パレットの高さは3メートル
・パレットの重さは数百キロ
事故の状況を図解で説明すると以下になります。

事故は前橋市にある設備会社の敷地内で起こったとのことでした。

この設備会社とは一体どこの会社なのでしょうか?

フォークリフトブランコ事故の会社はどこ?

はてな

フォークリフトブランコ事故の会社は、自宅兼会社とのことです。

場所は群馬県前橋市の堀越町のキッチン設備会社でした。

 28日午後4時50分ごろ、前橋市堀越町のキッチン設備会社の敷地内で、小学3年の女児(8)がフォークリフトで持ち上げたパレットにベルトをかけてブランコのようにして遊んでいたところ、数百キロあるパレットが落下して女児の頭を直撃したと119番通報があった。市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。引用元:上毛新聞社

該当する会社は住宅のリフォームや建物の工事を請け負っている「内装設備」の会社です。




フォークリフトブランコ事故の父親は誰?(名前・顔画像)

フォークリフトブランコの事故について、事故の当事者である父親の名前や顔画像について調査してみました

そこで、堀越町のキッチン設備会社について「作山」という名前でヒットしたところ同棲の社長が見つかりました。

HPには名前も顔画像も掲載されていますが、死亡してしまった作山由奈さんの父親とは断定できませんでしたので、ここでの明記は控えさせていただきます。

現在も会社のHPは閲覧可能な状態です。

具体的な名前をあげることで風評被害に繋がり1人の人生や家族をめちゃくちゃにしてしまう恐れもあります。

読者様も不確かな情報の拡散は控えるようにお願い致します。




世間の反応

最後に、フォークリフトブランコの事故について世間の反応を共有していきます。

事故を起こしてしまった父親も非常に無念でならないと思います。

『自業自得』という表現はあまりにも当事者にとってつらすぎるという意見が有りました。

 

時事
okanamochiをフォローする
おかなもちのゆめの旅
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました