仮面ライダーギーツの意味や由来は?モチーフは狐で造語?あらすじまとめ

ゲーム・アニメ

『仮面ライダーギーツ』が2022年9月4日から放送されることが決定されました。

スポンサーリンク

令和で4作品目となる『仮面ライダーギーツ』にネット上も盛り上がっています。

しかし、今回の『仮面ライダーギーツ』ですが、狐という新たなモチーフで仮面も印象的です!

『ギーツ』の意味や由来についても気になるところです。もしくは造語なのでしょうか?

今回は『ギーツ』の意味や由来についての情報をまとめていきたいと思います。

【この記事でわかること】
✔仮面ライダーギーツの意味や由来は?
✔仮面ライダーギーツは造語?
✔仮面ライダーギーツのあらすじは?

仮面ライダーギーツの意味や由来は?

ギーツ

公式HP

仮面ライダーギーツの「ギーツ」は商標登録では「GEATS」と表現されています。

GEATSと検索すると真っ先に「イェート人」と翻訳されます。

日本ではあまり聞き慣れない単語ですよね。

GEATSについてさらに調べてみると古代〜中世にかけてスウェーデン南部に住んでいた”ゴート族”を意味していました。

イタリア半島やイベリア半島に王国を築いたり、ローマ帝国と戦ったりなどローマ帝国の歴史においても大きな影響のあった民族のようでした。

(参考:ゴート族wikipedia

仮面ライダーギーツのギーツがゴート族を意味している場合は北欧やヨーロッパがテーマという可能性も考えられます。



仮面ライダーギーツは造語?

ギーツ

公式HP

ギーツ(GEATS)がゴート族を表す意味であったものの、仮面ライダーギーツが「ゴート族」をテーマとしているとは言い切れません。

そのため、ギーツは由来があるというより、造語である可能性も高いのでは無いでしょうか。

ネット上ではギーツがどのような造語かについての予想が挙がっていましたのでまとめていきたいと思います。

造語候補①Gear+Beatsでギーツ

ひとつめの造語候補は「Gear+Beats」の2つの英語をかけ合わせた造語です。

・装備(Gear)
・打ち負かす、打ち砕く(Beat)
この2つの言語をかけ合わせて「ギーツ」と造語をつくったのでは無いかという説です。

※あくまでも予想の範囲内ですので、それも踏まえお楽しみください

造語候補②キツネだからギーツ

2つめの候補は、単純明快で

・キツネだから「ギーツ」
・ごんぎつねで「ギーツ」
といった意味合いです。
仮面ライダーギーツの由来が「ごんぎつね」であれば、可愛らしい遊び心が含まっている造語ですよね。

※あくまでも予想の範囲内ですので、それも踏まえお楽しみください

造語候補③Gear+Eatの意味

3つめの候補が「Gear+Eat」の2つの英語を組み合わせた造語です。

・Gear(装備)
・Eat(食べる)

※あくまでも予想の範囲内ですので、それも踏まえお楽しみください
やはり「ギーツ」という聞き慣れない単語から、造語とかんがえる意見が多くありました。
どれかが仮面ライダーギーツの由来となっている可能性もあるかもしれませんね。
今後の詳しい情報も待ちたいと思います!
最後に、仮面ライダーギーツの主なあらすじも紹介していきます。




仮面ライダーギーツのあらすじは?

ギーツ

公式HP

随時情報をまとめていきます。



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました