【画像】三浦瑠麗の喪服のブランドはどこ?シースルードレスの値段も!

時事

安倍晋三元首相の国葬に参列した政治学者の三浦瑠麗さんの喪服が話題となっています。

スポンサーリンク

というのも、喪服がかなりのおしゃれ仕様でシースルーがあしらわれており、賛否の声があるとか。

今回は、三浦瑠麗さんのシースルー喪服のブランドについて情報をお送りしていきたいと思います。

また、気になる値段やおしゃれ喪服のマナーについても紹介していきたいと思います。

【この記事でわかること】
✔三浦瑠麗の喪服に賛否の声!【画像付き】
✔三浦瑠麗のシースルー喪服のブランドはどこ?
✔三浦瑠麗のシースルー喪服の値段が高すぎる!
✔三浦瑠麗のシースルー喪服はマナー違反?

三浦瑠麗のおしゃれ喪服に賛否の声!【画像付き】

三浦瑠麗さんのおしゃれ喪服とはいったいどのような喪服なのか、画像を以下に掲載します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

三浦瑠麗 Lully MIURA(@lullymiura)がシェアした投稿

三浦瑠麗さんのインスタグラムでも、おしゃれな喪服!という声が殺到していました。

お葬式なのにこんなコメント良くないのかもしれませんが、お洋服も小物も全て素敵です😍
瑠麗さんお疲れさまでした。
このような時に失礼かもしれませんがお洋服のセンス素敵です✨
(三浦瑠麗公式インスタグラムコメント欄より)
一方で、批判の声も多く挙がっています。
基本的にこういう時の服装は、相手(亡くなった方)側のスタンスに合わせるべきだと思う。個人的には自分の葬儀にはこういう綺麗な服でみんな来てほしいな~と思うけど、国葬だし、今回の状況を踏まえると、ちょっと良くない恰好だったかなと思いました。 「海外では~」って言う人達もいるけど、そもそも宗教も違うし、背景も違うから、こういう時は海外と比べるのは違うかなと思います
(yahooコメント欄より引用)
結果的に目立つ喪服姿となった三浦瑠麗さんですが、純粋に喪服が可愛い!と思われた方多いようでした。
続いて三浦瑠麗さんの喪服や小物のブランドがどこのものかについて紹介していきます。



三浦瑠麗のシースルー喪服のブランドはどこ?

三浦瑠麗さんのおしゃれ喪服のブランド、また値段についても紹介していきます。

シースルードレスのブランドはアレキサンダー・マックイーン!

まず、三浦瑠麗さんのシースルー喪服のブランドは

アレキサンダー・マックイーン
というイギリスのブランドのものでした。

「喪服」として売られてはおらず、「エレガントドレス」という名目で販売されていました。

アレキサンダー

アレキサンダー2

喪服ではなく、結婚式の参列衣装などでも着られそうな仕様ですよね。

シースルー喪服の値段が高すぎる!

続いて三浦瑠麗さんのシースルー喪服の値段について紹介します。

定価▶364,100円
売値▶126,100円(36%オフ)
YOOK

YOOK

お安くなっており、65%オフの12万円程度で売られていました。

アレクサンダーマックイーンは黒色のドレスを多数展開しており、楽天などでもあまりお値下げされていないので珍しいですね。

楽天にはシースルー喪服は売られていませんでしたが、黒の素敵なドレスが多数販売されていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アレキサンダー・マックイーン レディース ワンピース トップス bustier long dress 1000 BLACK
価格:523800円(税込、送料別) (2022/9/30時点)

楽天で購入

 

 

 

流石に定価は高すぎますね。笑

三浦瑠麗さんの喪服は比較的お買い得な素敵なドレスですね。

三浦瑠麗のシースルー喪服はマナー違反?

三浦瑠麗さんのシースルー喪服に関して、「マナー違反なのでは?」との声も多く見受けられました。

喪服についてのマナーをブランディング戦略家の鈴鹿久美子さんが以下のように述べています。

 「政治家のためのブランディング戦略家」としてメディアにも出演している鈴鹿久美子さんも、三浦氏の装いにツイッターで反応した。

鈴鹿さんは「三浦瑠麗氏の喪服姿。確かに美しいのですが、ご葬儀に参列するにはマナー違反 華やかさを排除して悲しみを表現するのが喪服ですから」と指摘。「ただ、話題にあがることが目的なら、大成功なんでしょうけど」とも書いている。
引用元:yahooニュース

華やかさを排除して悲しみを表現するのが喪服
とされていますね。
すこし曖昧なラインで”華やかさ”の定義が人によって異なりそうな気もしますね。
今回の三浦瑠麗さんについては特に胸元あたりがシースルーとなっており適切でない印象を受けたため「派手」と認識されたのかもしれません。
いずれにせよ喪服(ドレス)はとても素敵ですので、パーティーなどがある際にはぜひ参考にしたいブランドでした。
時事芸能
okanamochiをフォローする
おかなもちのゆめの旅
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました