底辺の職業ランキング|社長・岡本恵典の経歴学歴は?就活の教科書の評判も

グラフなど 時事

『底辺の職業ランキング』という記事に批判が殺到し話題となっています。

スポンサーリンク

今回は監修者である株式会社Synergy Career社長・岡本 恵典さんの経歴や学歴について情報をまとめてみました。

また、株式会社Synergy Careerが運営している就活生向け情報発信サイト『就活の教科書』の評判についても情報をお送りしていきたいと思います。

【この記事でわかること】
✔『底辺の職業ランキング』監修の社長・岡本恵典の経歴学歴
✔『就活の教科書』の評判

『底辺の職業ランキング』社長・岡本恵典の経歴は?

まずは炎上した今回の一件の概要から、『底辺の職業ランキング』の監修者である社長の経歴について順番に見ていきましょう。

『底辺の職業ランキング』が炎上!

今回の炎上した『底辺の職業ランキング』の記事内容はこちらです。

底辺職

引用元:Twitter

また、記事ではこの『底辺職』につくデメリットや「抜け出す方法」を紹介しています。

底辺職の特徴について、(1)肉体労働である(2)誰でもできる仕事である(3)同じことの繰り返しであることが多い —- と解説しており、デメリットについては、(1)平均年収が低い(2)結婚の時に苦労する(3)体力を消耗する —- を挙げた。引用元:Yahoo!ニュース

この内容が職業への差別を助長するとして批判を浴び、現在は記事が削除されています。

記事の監修者は株式会社Synergy Careerの社長・岡本 恵典さんであると報じられています。

監修者&社長の岡本 恵典の経歴は?

benntya-tuusinn

出典:ベンチャー通信

『底辺の職業ランキング』の監修をされた社長・岡本惠典さんの経歴をまとめたものがこちらです。

2015年4月 大学院終了後、ITベンチャーに入社
2015年1月 同社を退社
2019年8月 「納得のいく就活」をコンセプトとしたサイト『就活の教科書』を立ち上げる
2020年6月 株式会社Synergy Careerを設立し代表取締役に就任
株式会社Synergy Careerは設立し現在丸2年のベンチャー企業のようですね。

事業内容としては

・メディア事業
・動画コンテンツ事業
・webコンサルティング事業
をメインとして運営されているようですね。
『就活の教科書』は月間200万以上のPV数を誇り、月間利用者は約50万人にのぼるとか。
まだ設立されて2年にも関わらず、急成長されていることがわかりました。
『底辺の職業ランキング』に関しても「監修」となっているものの、社長である岡本恵典さんがどこまで把握し切れていたのかは定かではありません。
複数の記事を毎日発信していく忙しさの中で、記事への配慮が薄くなっていたことも考えられますね。




『底辺の職業ランキング』監修社長・岡本惠典の学歴は?

『底辺の職業ランキング』の監修をされた社長・岡本恵典さんの学歴がこちらです。

大学に高校と順番に見ていきましょう。

岡本惠典の出身大学は?

岡本恵典さんの最終学歴は、

大阪府立大学大学院修了
でした。
偏差値は60~66で、関西・近畿地方トップクラスの偏差値・難易度・レベルを有する公立大学でした!
岡本恵典さんはかなり頭が良かったようですね。




岡本恵典の出身高校は?

岡本恵典さんの出身高校は

和歌山県立向陽高校

でした。

偏差値はなんと66

和歌山県内で2位の高校でした。

向陽高校の真ん中ぐらいの成績であれば国公立に進学できる人が大半という情報もありました。(引用元:武田塾

『底辺の職業ランキング』の監修をされた社長・岡本恵典さんは学生時代から賢かったことがわかりました。

『就活の教科書』の評判は?

『就活の教科書』の評判は、現在まではかなり良かったことがうかがえます。

月間訪問人数が約50万人以上にまでのぼっており、注目度がかなり高いようです。

『底辺の職業ランキング』には差別的内容があり物議を醸しだしたものの、他のコンテンツでは

・”自分史”を用いた自己分析作成方法
・選考突破できるESの書き方
・内定者が教える面接対策
・就活エージェントの評判
などなど、就活生がこぞって気になる内容のコンテンツが充実しているようでした。
しかし、『底辺の職業ランキング』の記事によって、多くの職業を差別する表現をしたことから世間の評判がかなり落ちてしまったようです。

社会を支えるのにとても大切な仕事なのに言い方が酷すぎる

誇り持ってこの仕事をやっているし、毎日楽しいよ

そんな意見が多く見受けられました。

株式会社Synergy Careerさんは記事の倫理観等も改めて見直し、今後も就活生のためになる情報を発信していってほしいと思います。



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました