ユニコーンに乗ってのタイトルの意味や由来を解説!原作はあるのかも調査

ユニコーン 芸能

永野芽衣さん主演のドラマ「ユニコーンに乗って」の放送が7月から始まりました。

スポンサーリンク

火曜10時がこれから毎週楽しみですね♪

そんなドラマ「ユニコーンに乗って」ですが、一体なぜそのタイトルとなったのでしょうか?

今回はドラマ「ユニコーンに乗って」のタイトルの意味や由来について調査し解説していきたいと思います。

また、このドラマには原作があるのか?それともオリジナル作品なのかについても情報をお送りしていきます。

【この記事で分かること】
✔ドラマ「ユニコーンに乗って」の意味や由来
✔ドラマ「ユニコーンに乗って」に原作はあるか

「ユニコーンに乗って」のタイトルの意味や由来は?

調査したところ、ドラマ「ユニコーンに乗って」の意味や由来は2つあることが考えられました。

順に解説していきたいと思います。



意味・由来①ユニコーン企業の意味

まず一つ目の意味として、「ユニコーン企業」を表していると言えます。

【ユニコーン企業とは?】
「評価額が10億ドルを超える未上場のスタートアップ企業」のことを指します。
参考:https://www.bridge-salon.jp/toushi/unicorn/

評価額はユニコーン企業の成長見込み(将来のキャッシュフロー等)を基に、出資を行ったベンチャーキャピタルや投資家が付けているもの!

ドラマ「ユニコーンに乗って」はこの「ユニコーン企業」を目指すべく若きベンチャーのCEOである成川佐奈(永野芽衣)が恋に仕事に奮闘するという物語です。
【主なあらすじ】
成川佐奈(永野芽郁)は教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」のCEO。
5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の特別講義をきっかけに、3年前に起業。
10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるようなビジネスにすることを目標に日々奮闘中。
引用:TBS公式HP
この「ユニコーン企業」というのは、日本には2022年時点で10社しかないそう。
聞きなれないのも納得ですよね。
ちなみに特にCMなどでおなじみの有名企業だと
スマートニュース株式会社(ニュースアプリ)
株式会社SmartHR(クラウド人事労務ソフト)
などが挙げられますね♪
ここ数年で急激に伸びまくった別格ベンチャー企業といったイメージでしょうか。
ドラマ「ユニコーンに乗って」は、この
ユニコーン企業を目指す!
という意味合いが込められているわけですね。

意味・由来②幻の生き物「ユニコーン」を表す意味

次に、2つ目の意味として、「幻の動物ユニコーン」を表しているといえます。

ユニコーン

こちらですね。

頭に角が生えている飛べる馬といったイメージの動物です。

こちらがユニコーンとなる訳ですが、

  • ユニコーン企業を目指す
  • ユニコーンに乗って勢いよく羽ばたく

この2つの意味を掛け合わせていることが考えられます。

また「幻の動物」であることから、数少ない日本のユニコーン企業という目標を成し遂げるという

「幻のようなことを達成する」

という意味合いもありそうです。

(※達成するのかどうかはドラマを見てみないことにはわかりませんが…)

このことから、「ユニコーンに乗って」とタイトル付けをされたわけですね。

掛け合わせが上手いね!




ドラマ「ユニコーンに乗って」に原作はある?

このドラマ「ユニコーンに乗って」はオリジナル作品なのでしょうか?

それとも原作をドラマ化したものなのでしょうか?

調査したところ、原作は無しのオリジナルストーリーのようでした。

脚本家は大北はるかさんで話題のドラマを次々と作られている実力派の脚本家さんです。

大北春香さんの代表作品は

・ラジエーションハウス
・Night Doctor
などが有名ですね。
シーズン2まで描かれていたり、映画化されたりなど超人気作品です。

ネタバレを読みたい!原作を読みたい!

そんな方もいらっしゃるとは思いますが、おとなしくドラマ放送を見るか、見逃し配信でチェックするようにしましょう。

まとめ

今回は永野芽衣さん主演のドラマ「ユニコーンに乗って」のタイトルの意味についてお送りしてきました。

ユニコーン企業を目指す
ユニコーンに乗って目標に向かって羽ばたく

といった意味が含まれているようでしたね。

原作は無いため、ドラマを要チェックが必要でした。

これから毎週火曜日を楽しみに待ちたいと思います!



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました